やしの旅ブログTravelLife

アクセスカウンタ

zoom RSS 5世代後のデジカメは・・

<<   作成日時 : 2009/12/10 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

久々にコンパクトデジカメのカタログを入手しました。うーむ、これは私が愛用していたコンパクトデジカメの5世代後のモデルのようですね。デジタルグッズは日進月歩、5世代も後のモデルはどうなっているのでしょうか・・?

今回いただいたカタログはキャノンのパワーショットS90というコンパクトデジカメです。その上に置いてあるのが、私のかつての愛用機・キャノンパワーショットS40。アルミニウム外装のデザインは今でも気に入っていて、2003年当時の価格はなんと定価99,800円でした。確かにマニュアルモードもあるし、意外とマニア向けだったのかも・・。

もちろんその5世代も後の現行・S90は格段の進歩を遂げているようです。よりコンパクトになったり、画素数もISOも進化を遂げていますが、何よりも画像エンジンなどの進化による写真の質の向上には目を見張るものがあることでしょう。ダイナミックレンジの拡大や各種の撮影モードの充実も着実な進歩かもしれません。

一方、やしパパ的に気になる点もいくつか感じます。まずは、動画モード。最近ハイビジョン動画を撮りたい欲求があるから偏っているかもしれませんが、そろそろこのクラスのデジカメではハイビジョン対応があってしかるべき、と思います。S90はVGA640*480の30frsでしかないのは意外です。また、光学ファインダーの省略。これは背面液晶の大型化と高性能化もあるでしょうからいい進歩でもありますが、ちと寂しい。S40の光学ファインダーはそれなりにいいものでした。今なら、外付けの電子ビューファインダーとかね。そして、バッテリー。キャノンのバッテリーはS40の時代も、そしてS90でもやはりバッテリー管理がイマイチに感じます。残量表示を%残量表示など、もう少しきめ細かくして欲しいような・・。まあ、でもこれらは些細なことかもしれないなあ・・。進歩しているのは事実ですから。

では今このS90というカメラを買う気になるか・・?といえば、どうだろう・・。もちろん、選択肢は人それぞれなのですし、いいカメラであることは確かです。でも、受光素子が大型化する高級コンパクトでもないし、使いやすさが至上の普及型コンパクトでもないわけで、1/1.7型デジカメというのは中途半端になりがちかも・・。でもこれほどの高性能デジカメが4万円台とは恐るべき時代となったものです。メーカーは大変だ・・。

そろそろ新しいコンパクトデジカメが欲しくなってきたような・・(←大体4年周期・・)

写真:キャノンのコンデジS90のカタログの上にはボディがぶっといS40が・・

ソニーサイバーショットW50

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5世代後のデジカメは・・ やしの旅ブログTravelLife/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる